スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)

【大阪はなぜ笑う】第一部(1)

 母さんへ

 「お母さん、もう歩くの疲れた!」「ほな走り。」今も私は陸上部で走っています。

 日本一短い手紙のコンテスト「一筆啓上賞」(福井県坂井市丸岡町文化振興事業団)。国内外から多いときには10万編を超える応募がある人気コンテストだ。

 昨年のテーマは「笑」。しんみりとした笑い、愉快な笑い…上質の笑いが並ぶ優秀作の中でも、ひときわ目をひいたのが冒頭の作品。「ほな走り」と大阪弁をさらりと盛り込み、テンポ良く笑いを誘う。作者のプロフィルを確認すると、やはり、大阪の高校3年生の女の子だ。

 「大阪は自然な笑いの作品が多い。素直に笑えるんですよ。それに方言を方言と感じていないですよね。大阪弁を誇りに思ってしゃべっているからでしょう」。数えきれないほどの手紙を読んできた同事業団事務局長の大廻政成(おおまわり・まさなり)さんも、一目置いた。

 この作品がおもしろいのは、大阪弁をうまく使ったからではないか。大阪弁に何か隠された秘密があるのでは−そう考えて、国語学者であり大阪大学大学院文学研究科の金水敏(きんすい・さとし)教授を訪ねた。

 「ほな走り…か。テンポが耳で聞こえるようでおもしろい。以外性もありますね」

 金水教授は、大阪弁から発せられる「笑い」は、長い文化の積み重ねの中から生まれた、と歴史をひもときながら説明する。

 江戸時代、武士の文化が発達した江戸とは対照的に、大阪では町人が自由を謳歌(おうか)し文化をはぐくんでいった。人間関係を大切にする町人の会話からビジネスチャンスも生まれる。必然的に会話力が磨かれた。その証は、歌舞伎や人形浄瑠璃、落語など古典芸能の発達に見ることができる。

 もっとも、大阪人みなが会話上手で笑わせ上手なわけではない。ところが、年月とともに「大阪=しゃべり好き、笑わせ好き」のイメージは強調され、期待されるようになった。「そう思われるならそう振る舞っとこか、というところも大阪人にはあったのでは」。

 小さいときから家庭、学校、地域社会で、コミュニケーションの訓練を重ね、大阪弁を洗練させる。それは大阪弁独特の「型」「間」も磨いていく。「大阪以外の人がしゃべる大阪弁がぎくしゃくするのは、間合いや型を身につけないで単語レベルでしゃべっているから」。

 だから大阪弁を、書き言葉にするのは、かなり難易度が高い。この女子高生の手紙の場合、型や間をうまく盛り込んだことが、勝因のひとつだったといえる。

 この女子高生に会った。大阪府高槻市在住の下山由起恵さん。現在は大学1年生。コテコテの大阪の女の子を想像していたが、アンニュイな雰囲気の漂う、おしゃれな女子大生だ。「以前母に聞いていた話を思いだして書いたので、すぐできました」と恥ずかしそうに話す。それを母親の美由紀さんが、「足、痛い、歩かれへんねん、と由起恵が言うたので、ほな走りいな、と言ったんです。そしたら、むっとしてましたわ」とにこやかに解説する。「歩くの疲れた、いう人に、走り、とは普通言わんやろ、と思いつつ書いてみました」と由起恵さん。ここでも見事に、大阪人の会話の型が展開されていた。

 もっとも、こういった大阪弁会話を聞き、型を感じとって笑える「受容する側の能力も必要」(金水教授)だ。メディアを通じて「お笑い」人気が浸透し、他の地域の人々も大阪弁をおもしろい、と思うようになったのは最近のこと。100年前なら下山さんの作品は入賞していないかも。

 「おもろい大阪弁会話」は、上方の土壌と歴史の中で、さまざまな要因が重なってはぐくまれていった洗練された文化といえるのかもしれない。

 「大阪人が二人寄ると漫才になる」といわれる。それほどに、人々の生活に密着し、上方文化のさまざまな面で花を咲かせる笑い。なぜ、大阪は笑いの都となったのか。ナニワの花の、今とその源を探る。

【関連記事】
吉本新喜劇 iPadで世界にお笑い届けます
「ハッピー」山田花子、一夜明け結婚指輪を披露
笑いと健康の関係は? 吉本興業とグリコが共同研究
即興なぞかけで観客の度肝抜く、Wコロン その心は…「うまい!」が欲しい 
城東署一日署長の宮川花子さん、高齢者交通安全大会に参加

部門会議で政策提言=「政調」復活、組織案固まる―民主(時事通信)
<口蹄疫>宮崎など3市、埋却作業終了(毎日新聞)
来年のセンター試験1月15、16日に実施(産経新聞)
ワールドカップ出場国をモチーフにしたスニーカー――ルコック(Business Media 誠)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)

偽一万円札使用の男を逮捕 警視庁(産経新聞)

 偽造された偽札を使ったとして、警視庁捜査2課は6日、偽造通貨行使の疑いで、愛知県名古屋市中区、風俗店従業員、平川裕太容疑者(24)を逮捕した。同課によると、平川容疑者は容疑を認めている。

 同課は平川容疑者が今年1〜2月、本多一善被告(24)=同罪で起訴=らと共謀し、1都6県で同様の偽造紙幣153枚を使用したとみて、偽造に関わった人物の特定を進める。

 逮捕容疑は今年2月7日、千葉県八街市の食品販売店で、タバコや缶チューハイ(約4000円相当)を2回にわけて購入する際、代金として偽一万円札2枚を使用したとされる。男性経営者(52)が、紙幣に透かしがなく、全体が赤みがかっていることに気づき、近くの交番に届け出ていた。

【関連記事】
出会い系で知り合った女性にニセ札渡す 偽造通貨行使容疑で男を再逮捕
流通少ないけどバレた 偽二千円札を使った73歳逮捕
偽旧一万円札がソウル市内で流通 韓国警察が2人を検挙
1都6県で151枚使用? 偽1万円札でクレープ購入、容疑の少年ら再逮捕
引き出すときは本物に? ATM偽札入金で男逮捕

「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
天安門事件の民主化運動リーダー逮捕 中国大使館に侵入(産経新聞)
<傷害容疑>44歳母親逮捕 中1長女に虐待か(毎日新聞)
高齢女性縛り2000万強奪=男2人が民家侵入―東京・小平(時事通信)
東宮職が週刊新潮に抗議、愛子さまめぐる記事で(読売新聞)

米軍岩国基地 新滑走路の運用開始 厚木の59機が移転(毎日新聞)

 米軍岩国基地(山口県岩国市)で29日、新滑走路(長さ2440メートル、幅60メートル)の運用開始式があった。旧滑走路(同)から1キロ沖側を防衛省が埋め立て米軍に提供した。騒音軽減と市街地への墜落防止を求める市民の「悲願」と言われ続けたが、在日米軍再編に伴い厚木基地(神奈川県)から移転する空母艦載機59機などの「受け皿」となる。12年度に再開予定の民間空港としても使われる。

 開始式で、ルース米駐日大使は「緊密な日米関係の目に見えるシンボル」とたたえた。

 基地東側海面を約213ヘクタール埋め立てた。97年6月着工、総事業費約1600億円で05年度の完成を見込んだが、01年3月の芸予地震で埋め立て地の大規模な液状化現象が起き、総事業費は約2500億円に膨らんだ。旧滑走路では、北側の工場群を避けるため、米軍機は離陸後、急激に右旋回し、エンジン噴射口を市街地に向けて爆音をまき散らしていた。【大山典男】

野党が日程設定撤回を衆院議長に申し入れ 本会議開会ずれ込み(産経新聞)
<貞観地震>震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)
<口蹄疫>特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意(毎日新聞)
本四高速料金「現時点で見直さず」=首相の「理解」発言に―前原国交相(時事通信)
在宅での介護と医療の役割分担で意見交換(医療介護CBニュース)

阿久根市長に市民から批判、リコール求める声も(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の市民団体「阿久根の将来を考える会」(川原慎一会長)は17、18日夜、市内2か所でそれぞれ住民との懇談会を開いた。

 3月議会の出席を拒否した竹原信一市長に対する批判が相次ぎ、リコール(解職請求)を求める厳しい意見も上がった。

 竹原市政の問題点を住民目線で考えようと、市内7か所で予定しており、17日は大川中体育館、18日は鶴川内集会所で開いた。両会場には市民計約80人が参加し、反市長派の市議数人も出席したが、竹原市長や市長派市議4人は姿を見せなかった。

 意見交換では、竹原市長の市議会ボイコットを問題視し、「責任を取って辞めていただきたい」と市長の辞職を求める意見や、「彼が政治を行う限り、改革は進まない。市民が一致団結して市長を引きずり降ろすべき」として、有権者の3分の1以上の署名で請求するリコールの実施を訴える声が上がった。

 17日の懇談会では、市民の要望を受けて「竹原市長をリコールするべきか、市議会が市長不信任をするべきか」を問う場面もあり、リコールに賛同する人が多数を占める一方、リコール、不信任のどちらにも挙手しない人もいた。

 一方、「竹原市長の評価すべき点は」の質問に「職員の給与を引き下げ、職員の対応が良くなった」「ごみ袋の値段が安くなった」と市長の改革を評価する意見も寄せられた。

 川原会長は「市民の切実な思いが聞けた。今後の懇談会でも様々な意見を出し合ってほしい」と話した。

メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑―兵庫県警(時事通信)
近現代史教科書に“自虐”記述 神奈川の独自科目、検定の盲点(産経新聞)
「院内介助への保険適用の有無が、地域の医療格差を招く」(医療介護CBニュース)
普天間移設 シュワブ沿岸、日米合意 工法は9月に先送り(毎日新聞)
被害総額約3億円?リフォーム会社社長を聴取 埼玉県警、詐欺容疑で逮捕へ (産経新聞)

狭山事件 検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)

 埼玉県狭山市で1963年、女子高校生が殺害された「狭山事件」で無期懲役が確定した石川一雄さん(71)=仮釈放中=の第3次再審請求を巡り、東京高検は13日、石川さんが「自白」した捜査段階の取り調べ録音テープなど36点の証拠を弁護団に開示した。検察側が証拠を開示したのは第2次再審請求中の88年以来、22年ぶり。

 東京高裁が昨年12月、捜査段階の自白で「殺害現場」とされた雑木林で被害者の血痕の有無を調べた捜査報告書など8点の証拠開示を高検に勧告。高検は13日の3者協議で勧告対象外のテープも含めて開示した。

 弁護団によると、開示されたのは、石川さんが自白した63年6月ごろの取り調べ録音テープ9本▽雑木林近くにいたものの、弁護団には「争う声は聞いていない」と証言した男性の供述調書▽石川さんの筆跡が分かる書類4通−−などの証拠。高検は血痕の捜査報告書を「見当たらない」と説明した。

 弁護団は開示された証拠を検討し、9月に開かれる次回協議までに新証拠として高裁に提出したり、追加の開示請求を行う方針。

 会見した石川さんは「まだ隠している証拠があるはず。一日も早く(証人尋問などの)事実調べをして再審開始決定を出してほしい」と話した。石川さんは控訴審段階の64年から一貫して無罪を主張している。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
狭山事件:石川さん支援集会 菅家さんも訴え
足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で
狭山事件:支援者ら集会−−東京・日比谷

皇位継承問題を考える ―中川信博
医師装った疑い 44歳の無職逮捕 岩手、着任直前 (産経新聞)
NPT会合 81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)
自殺 原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ(毎日新聞)
「小沢チルドレン」首相・幹事長の辞任求める(読売新聞)

新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)

 宮崎県は6日、同県川南町の12カ所の農場で新たに口蹄(こうてい)疫の疑いのある牛と豚が23頭見つかったと発表した。感染が疑われる農場や畜産試験場は、確定したケースも含め計35カ所に拡大。殺処分の対象は4万4892頭に達した。家畜の移動制限区域に変更はない。 

【関連ニュース】
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫
口蹄疫で自衛隊派遣要請=宮崎県
別の発生農場と会社が同一=宮崎の口蹄疫問題で
制限区域外で初の確認=口蹄疫、豚含め10例に

ウズベクに協調融資600億円=火力発電向け−政府・アジア開銀(時事通信)
元LOFT社長 安森健氏に聞く「なぜ、今雑貨ブーム?」(産経新聞)
納涼床 鴨川に「京の夏」(毎日新聞)
<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
首相沖縄訪問、民主内からも「意味不明」(読売新聞)

舛添氏「清潔な政治を目指していく姿で期待に応えたい」(産経新聞)

 【舛添新党会見詳報】(7)

 会見が終わり、引き続き記者との質疑応答が行われた。以下、一問一答。

 −−新党の一番の武器は舛添さんの人気と知名度だと思うが、自民党にいたから舛添さんに対する期待感も高かったという指摘もある。今後、この人気をどのように維持されていくお考えなのか。自民党を出たことで自身への期待感はこれからどのように変わるか

 舛添氏「それはすべて今からどういう行動をするかにかかっていると思っています。自民党の中にいるから期待感があるとか、下がるとか言う問題じゃなくて、先ほど皆様方にお示しした政策をこれから全力を挙げて実行する。そして本当に清潔な政治を目指していくと、そういう姿を国民の皆様がみていただければ私は期待に応えられると思っています」

 −−舛添代表と渡辺最高顧問に伺う。舛添代表は自身の行動について最近まで、 「すべての選択肢はオープン』とされていたが、最終的に自民党を離れる決断をされた経緯をもう少し具体的に教えてほしい。選択肢という意味では、自民党が変わらないのであれば自身が総裁を目指すこともできたと思うが、なぜそういう選択をしなかったのか。渡辺秀央顧問には、舛添さんと新党結成にこぎ着けるまでどういう話し合いをしてきたのかを伺う。

 舛添氏「先ほどもすでにご説明しましたように体制一新、そして自民党の古い体質を反省して直さないといけない。これも時間があれば、どこの選挙区でどういうひどいことが行われて、候補者選定が行われたなんてことも含めてお話できますけども、さまざまなことについて直接(大島理森自民党)幹事長と2日にわたってお話をして、私の要求を出しましたけれども、答えが出ませんでした、ということです」

 「それからこういう行動を起こすときにはさまざまな可能性を、オープンだということは何もしないということじゃなくて、すべてこれは用意をする。目に見える形だと経済戦略研究会というのを党内でつくって、党内でもみんなで努力していく。それから落選した方々とも協力していく。そういう中で、何と言っても新しい政党をつくらないと活動の基盤ができませんから、そうすると最低、私含めて5人の同志を集めないといけない。たくさんの方々とお話をいたしました。

 しかし、それぞれの政治家はそれぞれの選挙区の事情や後援会の事情があって、そう簡単に、気持ちは今でも舛添さんについて行きたいんだけれども、ちょっともうちょっと時間をください、私は県連会長ですから動きはとれません。こういうような方もいろいろおられました。そういう中で先ほど、荒井幹事長がご説明しましたように、時間の制約が迫っておりました。そういうことでこういう決断をいたした次第であります」

 渡辺氏「現在の日本をどうとらえるか、それが舛添君との話の始まりであります。すなわち現状における日本は危機的状態である、政治も経済もあるいは社会も。そういう観点から考えると、今までのしがらみや今までの土俵の中で考えるのではなくて思い切った、思い切った国民に対するアピールを、そして実行力のある力を持って国を運営していかなかったら、この日本の将来はない。子どもたちの将来はない。こういうお互いの思いが、一致をいたしました。そういう中で先ほど来の報告のある通り、いわゆる時間的制限、参議院選挙というのが目の前にあるわけですから、この参議院選挙におけるタイムリミットがまさに今日のこの時点であるというところで今回の運びになった。まったく腹蔵のない意見交換が今日の実りになったと確信をいたしております」

【関連記事】
詳報(3)舛添氏「金のかかる政治と決別」 政治とカネ問題に苦言
舛添氏に自民、厳格処分方針 参院選へ警戒見え隠れ
舛添2ショットポスター慌てて回収 参院選の自民予定候補
自民衝撃、集団離党…舛添やっと決断、新党旗揚げへ
与謝野氏らの処分、慎重に 自民党石破茂政調会長

薬害エイズ訴訟、和解勧告を製薬企業側が拒否 大阪地裁(産経新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
<冷え込み>関東中心に冬の寒さ 4月末まで低温傾向続く(毎日新聞)
警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)

働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)

 働く女性の7割以上が、自分はメタボリック症候群または予備軍だと考えているとの結果が、化粧品会社ナガセビューティケァのインターネット調査で出た。周りにいる「メタボな人」にも女性を挙げる回答が最も多く、メタボといえば男性とのイメージを覆す結果となった。
 調査は2月、首都圏の20〜50代の仕事を持つ女性500人を対象に実施した。
 自分はメタボと思うかとの質問に、「思う」としたのは13.4%、「ややメタボ気味」は22.8%で、「今は違うが危機感はある」(38.8%)という予備軍を合わせると7割以上に上った。
 メタボまたは予備軍と感じる理由(自由回答)は「おなかが出てきた・肉が付いた」が最多で、「しゃがむとおなかが苦しい」とのリアルな記述も。次いで「太っている・太ってきた」「体重増加」となり、診断基準(腹位など)よりも体形や体重で判断していることがうかがえた。 

【関連ニュース】
薄型テレビ販売、2.5倍に急増=3月、エコ基準変更前に駆け込み
「ありがとう」1位は母親=受験に関するネット調査
お祝いすると父娘仲良く?=「ひな祭り」ネット調査
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず
トヨタ、米国で3位転落か=今年のシェア予想

奈良公園“矢ジカ”殺し、三重の39歳男逮捕 別のシカも狙う?(産経新聞)
<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
北日本中心に暴風に警戒=低気圧発達、強い冬型に−気象庁(時事通信)
食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密(産経新聞)
明石事故、真実の解明望む遺族…元副署長起訴へ(読売新聞)

殺人 短期マンションで腹刺され男性死亡 外国人か…三重(毎日新聞)

 18日午後7時50分ごろ、三重県鈴鹿市算所の県警鈴鹿署平田交番に外国人ふうの男性が訪れ「隣の部屋でけんかがあり、通路で人が倒れている」と届けた。署員が男性とともに同市道伯4の短期賃貸マンションに行くと、3階の通路で外国人ふうの男性が腹などを刺されて倒れており、搬送された病院で死亡が確認された。同署は殺人事件として調べている。

 同署によると、死亡した男性は40〜50歳くらいで、左脇腹や左胸などを刺されていたという。凶器は発見されていない。交番を訪れた男性によると、同日午後7時40分ごろに刺されたらしい。

 現場は近鉄鈴鹿線平田町駅の南東約1.5キロの住宅街。近くに自動車関連工場がある。09年8月まで現場のマンションに住んでいたという男性(41)は「住人の8割くらいは外国人だった」と話した。【大野友嘉子、谷口拓未、大原隆】

防衛省、中国艦艇通過で警戒・監視を継続(産経新聞)
かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR(産経新聞)
分権推進へ連携=舛添、東国原氏が会談(時事通信)
最高裁 岡部判事が就任会見 女性で4人目(毎日新聞)
介護保険10年 大阪府では要支援・要介護は3倍増に(産経新聞)

明細書発行で「医療が良い方向に」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)

 全国自治体病院協議会(全自病)の邉見公雄会長は4月8日の記者会見で、4月から原則義務化されたレセプト(診療報酬明細書)並みの明細書の無料発行について、「一番の問題はがんの告知。決まるまではあまり賛成ではなかった」としながらも、「決まったことは守る。それが中医協(中央社会保険医療協議会)の権威を高める」と述べた。その上で、医療行為ごとの点数が患者に分かるようになるなど透明性が高まることから、「医療が良い方向にいくのでは」との期待感を示した。

 また、豊田清一副会長は、「(医師と患者の)コミュニケーションがしっかり取れて、同じ土俵で治療ができるようになるかもしれない」と語った。

 その一方で邉見会長は、レセプト並みの明細書を発行しても、患者には分かりにくいと指摘。「発行する以上は、もう少し分かりやすい体系にしなければいけない」との認識を示した。さらに、「悪性腫瘍管理料」を例に挙げ、「『悪性』と書いたら、絶対に(病名を)告知しなければいけなくなる。(明細書の発行が)患者の不利益にならないよう、努力しなければいけない」と述べた。
 これについて中島豊爾副会長は、「明細書から『悪性』を消して、『腫瘍管理料』として発行している病院がある」と紹介した。しかし、これは厚生労働省の指導に反しているため、「判断が非常に難しい。これから議論になるのでは」とも述べた。


【関連記事】
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承
医療費の明細書、病名告知との関係に懸念
来年度改定、厚労省・佐藤医療課長に聞く
明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省
明細書、「正当な理由」あっても求めあれば発行−電子請求義務化の医療機関

鳥取市長選に現新2氏(産経新聞)
<舛添前厚労相>与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず(毎日新聞)
女性の75%がメタボに高い関心(産経新聞)
支持率低迷で首相「政治とカネで改革見えない」(産経新聞)
土門拳賞 鈴木龍一郎氏に表彰状など贈られる(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
ネイルサロン
ショッピング枠現金化
債務整理
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 即日
無料携帯ホームページ
ブラック キャッシング OK
selected entries
archives
recent comment
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    カナ (08/27)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    リア充 (05/11)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    リンデル (01/18)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    カドルト (01/12)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    道隆 (01/02)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    サキューン (12/28)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    ちょーたん (12/11)
  • 洗練された“間”と“型” 笑いの都となった大阪(産経新聞)
    ばきゅら (12/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM